栄養価

マカで更年期障害を軽減

女性に更年期障害が多いのは「閉経」という女性が長年子供を産むために行われていた身体のサイクルが停止するからです。
そのために長年行っていた身体のサイクルが乱れ、女性ホルモンが乱れてしまいます。
この症状は閉経前後の10年に起こると言われており、まだ閉経していないから更年期障害ではないというわけではありません。

身体が閉経に入るために向かっていてもホルモンバランスが崩れてしまうことがあり、更年期障害になってしまうことがあるのです。
そのために女性ホルモンのバランスを整えるとされているマカが注目されてきているのです。
マカにはホルモンの分泌や生成やバランスの調整などを行う栄養成分がたっぷりと含まれています。

最近では女性であっても女性ホルモンが足りないために生理不順やひどい生理痛などがおこると言われているほどで、マカによってホルモンバランスを整えやすくなっています。
更年期障害にもいろいろな症状があり、よくなるとされているのが身体がほてり、のぼせや汗をひどくかく「ホット・フラッシュ」現象といわれるものです。
自律神経の働きが乱れておこり、動悸やめまい、脈が乱れてしまうこともあります。

さらには訳もなくイライラしたり、何でもないことを考え込んでしまい、気分が落ち込んで憂鬱になるといった精神症状も更年期に現れやすい症状です。
自律神経とホルモンバランスはある意味、とても密接な関係にあるためにホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れへと繋がります。
マカはhttp://www.samuraiedition.com/mak.htmlにも書いてあるように、各種ミネラルがホルモンバランスを整える働きもあります。

さらにはエストロゲンの分泌を促し、排卵異常を改善して更年期障害の症状を緩和するという効果があるのです。
またマカに多く含まれたアミノ酸が疲れやすく倦怠感を感じるようになっていた身体を癒し、動くことが苦にならない身体にしていきます。
更年期障害になってからではなく、なる前からホルモンバランスを整えて予防するという意味でマカを飲む女性も増えています。
また摂取量を守ってこそ効果を実感出来るのです。 マカの一日の摂取量の目安についてはhttp://www.soutiat.com/macameyasu.htmlをご覧ください。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.