栄養価

厳しい環境下で栽培されるマカ

マカが栽培されるペルーのアンデス山脈は昼夜の寒暖の差は20℃以上になるほど激しく、昼間の強い日照りや霜や雹が降るような厳しい自然環境で、虫も生きられない雑草も生えない中、マカだけが土壌の栄養を吸収して成長します。
そのマカには素晴らしい栄養であるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどといった人間が健康に生きるための成分が豊富に含まれています。
そんなに素晴らしい野菜ならば世界中に広まっても可笑しくはありません。

ですが自然にできるのはアンデス山脈並みの環境下だけで、日本においても挑戦はされましたら、まったく栄養価が違いすぎるものしかできませんでした。
低地域で栽培されたマカは栄養価があまり優れておらず、十分に効果を発揮するものではないようなのです。
つまり厳しい環境に置かれることによって土の栄養を自分の中に蓄えることで育成される野菜なのです。

日本もはじめは失敗ばかりだったそうです。
しかしあらゆる技術を用いて栽培をあきらめなかった結果、10数年の失敗を繰り返しながら国産のマカを栽培させることに成功しました。
さすがにどのような栽培方法をとったのかは教えてくれませんが、ハウスのような中でマカができていました。

しかしその国産マカもサプリメントという形でしか販売されていません。
野菜のままの状態での販売を希望する人が多い中で、考え中、全国にもっと広まればという答えが返ってくるほどに難しいといえるのかもしれません。
ちなみに見かけがマカの低地で販売したマカが外国で安く販売されているそうですが、効果はないようです。

栄養価が全く違うマカではマカとしての効果は期待されないそうです。
味だけのマカといえばいいようなものです。
食べるのであれば本物のマカでなければ意味はありません。

まずペルーは政府自体が野菜では輸出しません。
他の高地などで作られたマカは値段が高いようです。
つまり安いマカは普通に畑で形だけマカであり、栄養価値がほとんどないといってもいいでしょう。
また、マカの摂り過ぎについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.